>

元々は魔除けであり幸福の象徴

クッションやラグにバーンスターを

バーンスターはアメリカ発祥ということもありますし、アメリカ国旗を思い起こさせる星型はそれだけでアメリカンな雰囲気を醸し出します。
取り入れやすいのはクッションカバーやラグを星型の柄にすることです。立体的なものではないのでバーンスターとはまた違いますが、星型のマークはどの世代にも受け入れやすいものなので、一人暮らしでもご家族でもインテリアとして使いやすい柄だと思います。
幸福の象徴とも言われているものなので、縁起も良いですし明るい気分になれるような気がしてくるのではないでしょうか。色合い次第でモダンにもロック調にもなるので老若男女に好まれる傾向があります。全体的には落ち着いたインテリアにしていても、ランチョンマットやコースターなどに星型を入れていくとさり気ないアクセントとして役に立ちそうな気もします。

玄関の外飾りとして

アメリカだと納屋の外壁に飾られていますが、そのように家の外壁に取り付けてしまうと少し目立つかもしれないと躊躇される方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。
しかしアメリカンスタイルを外観からも取り入れたい気持ちがあるという方は意外に多いかもしれません。そういった時に良いのが玄関の外飾りとして飾ってみることです。玄関ならそれほど目立ちませんし、帰宅時にいつも目に付くので自己満足感が高くなるのではないかと思います。色合いも玄関に合わせることも出来ますし、逆にアクセントとして少し変わった色合いで飾っても違和感なく受け入れられます。
星型は見ているだけで何だか明るい気分になれるので、来られる方皆に幸せを感じさせる素晴らしい飾りだと思います。


この記事をシェアする